認知症|はら脳神経・頭痛クリニック|川越市宮元町の脳神経内科・内科

〒350-0838 埼玉県川越市宮元町34-10
049-272-7577
内科問診票 脳神経内科問診票
ヘッダー画像

認知症

認知症|はら脳神経・頭痛クリニック|川越市宮元町の脳神経内科・内科

もの忘れ・認知症外来とは

もの忘れ・認知症外来とは

年をとっていくたびに増えてしまうのが“もの忘れ”です。私たちの記憶力は30歳から40歳をピークにして、その後はゆっくり低下していくと考えられており、もの忘れは加齢を伴ってどなたでも経験します。ただ、このもの忘れには、年齢相応に起こってく生理的なものと、軽度認知障害(MCI:健常と認知症の中間段階)や認知症の初期段階といった病的なものが存在しますので、その原因を見定める診断がとても重要になります。

認知症の有病率は年齢とともに高まることが知られており、高齢化が進む日本においては65歳以上の認知症の数は約600万人(2020年現在)と推計され、2025年には約700万人(高齢者の約5人に1人)が認知症になるとも予想されています。

病気によるもの忘れであっても、早期発見や適切な治療を行うことで回復するものもあります。根本的な治療法が確立されていないアルツハイマー型認知症などでも適切な薬物選択や生活指導を行うことで、症状の改善や進行抑制が期待できます。

当クリニックでは「病的なもの忘れ」を早期に発見し、適切な治療につなげられるように、専門医による診察、神経学的検査、神経心理検査、画像検査などを用いて、総合的な診断を行っています。
また、認知症の診断に至った場合も、適切な治療の継続や環境整備をすることで、患者さん本人ならびにご家族が安心して生活できるようお手伝いをします。

もの忘れの種類

  • 年齢に伴う生理的なもの忘れ
  • 軽度認知機能障害(MCI)
  • 認知症(アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症など)
  • 治療によって回復するもの忘れ(慢性硬膜下血腫、正常圧水頭症、うつ病 など)

加齢によるもの忘れと、認知症の症状としてのもの忘れの違いは、もの忘れを認識(自覚)できているかどうかです。たとえば、加齢によるもの忘れは「食事をしたことは覚えているが、何を食べたのかを思い出せない」というものです。対して認知症は「食べたこと自体を思い出せない」といった違いがあります。

下記のようなもの忘れの症状は、認知症の初期症状の可能性があります。このような症状がみられたら、一度、検査を受けることをおすすめします。ご自身では気づかないことも多いため、周囲から受診をすすめられた時にも気軽に検査を受けるようにしましょう。

また、ご家族に下記のような症状があった場合、ご本人が抵抗なく受け入れられるように配慮しながら受診を促すようにしてください。

このような症状がみられたらご相談ください。

記憶があやふやになってきた(記憶障害)

  • 人や物の名前を思い出せないことが多くなった
  • しまい忘れ・置き忘れが増えた
  • 水道を閉め忘れたり、鍋を焦がしたりすることが目立つようになった
  • 何度も同じことを言ったり、聞いたりしてしまう
  • 食事をしたかどうかを覚えていないことがある
  • やりかけて忘れてしまうことがある

今まで出来ていたことが出来なくなってきた(遂行機能障害)

  • とっさに適切な判断が出来ないことがある
  • 今まで出来ていた作業ができなくなった
  • 薬の管理ができなくなった
  • 簡単な計算を間違える

場所や時間がわからなくなる(見当識障害)

  • 時間や場所の感覚が不確かになってきた
  • 慣れている場所で道がわからなくなったことがある

性格が変わった

  • 感情の起伏が激しくなった
  • 人柄が変わったように感じられる
  • ひどく疑い深くなった

認知症の主な種類

認知症にはいくつかの種類があり、アルツハイマー型認知症と脳血管性認知症が8割を占めるといわれています。それらに次いで多いのがレビー小体型認知症です。

また、年齢に伴うもの忘れと認知症の中間的な段階にある軽度認知機能障害(MIC)があります。いずれもできるだけ早期に適切な治療を受けることが重要です。

軽度認知障害(Mild Cognitive Impairment:MCI)

ものごとを記憶したり、判断したり、順序立てて行うなどの脳の機能を認知機能といいます。認知症は、この認知機能の低下によって、日常(社会)生活に支障が出るようになった状態をいいます。多くの場合、徐々に認知機能が低下して認知症になりますが、認知機能が正常とも認知症ともいえない中間の状態があります。

これを「軽度認知障害」と呼びます。もの忘れが目立つものの日常生活には支障がないという状態であり、現在、この軽度認知障害の段階で発見し、原因を診断したうえで、治療方針を立てることが認知症の診療の重要なポイントになっています。

アルツハイマー型認知症

日本人で最も多い認知症で、全体の6割以上を占めています。アルツハイマー病は、1907年にドイツのアロイス・アルツハイマー博士によって報告され、その名がつきました。脳にアミロイドβやタウ蛋白という特殊なたんぱく質が沈着し、それにより正常な脳神経細胞が破壊されることで発症すると考えられています。

アルツハイマー型認知症の進行には以下の3段階があります。

第1期

  1. ものごとを忘れるようになる(健忘症状)
  2. 読み、書きが困難になる
  3. 今いる場所や時間、自分の住所がわからなくなる(失見当識)

第2期

  1. 徘徊する
  2. 読み、書きが困難になる
  3. 言葉のやり取りがうまくいかず、用件を伝えられない(失語)
  4. 着替えがうまくできない、色々な図形が描けない(失行)

第3期

  1. 小刻み歩行、前傾姿勢(運動障害)
  2. 最終的には、身動き一つしない、言葉も発しない寝たきりの状態になる

脳血管性認知症

脳血管性認知症は、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害が起きて、その後遺症として認知症になるものです。脳血管障害によって突然認知症を発症したり、小さな脳梗塞(かくれ脳梗塞)がたくさんあることで徐々に認知症が現れたりする場合もあります。

障害を起こした部位によって失われる機能や症状が異なります。理解力や判断力は保たれ人格はしっかりしているように見えても、記憶力が低下してるというような「まだら認知症」もみられます。脳血管障害を引き起こす原因となる、高血圧、脂質異常症、糖尿病、心臓病などの生活習慣病を患っていることも特徴です。

認知症にはほかにも、レビー小体型認知症や前頭側頭型認知症などがあります。その他、見逃してはいけない認知症として、正常圧水頭症、ビタミン欠乏、てんかん、脳腫瘍、内分泌疾患、薬物などが原因となる場合があり、治療できる認知症(Treatable Dementia)として鑑別が重要です。

認知症の早期発見・治療のための検査

問診では、長谷川式簡易認知症スケール(HDS-R)、ミニメンタルステート検査(MMSE)などを行います。また、頭部MRI検査と同時に、必要に応じてVSRAD(認知症分析)を行います。

こうした検査を定期的に受けていただくことで、認知症の適切な予防と、早期発見・治療が可能になります。また、脳血管性認知症の発症や進行には動脈硬化も大きく関わっていますので、そうした既往症も含めてトータルにサポートします。