脳神経内科|はら脳神経・頭痛クリニック|川越市宮元町の脳神経内科・内科

〒350-0838 埼玉県川越市宮元町34-10
049-272-7577
内科問診票 脳神経内科問診票
ヘッダー画像

脳神経内科

脳神経内科|はら脳神経・頭痛クリニック|川越市宮元町の脳神経内科・内科

脳神経内科

脳神経内科

脳神経内科は脳と脊髄、そして手足を含む全身の神経や筋肉の病気を診療する内科です。体を動かしたり、感じたりすることや、考えたり覚えたりすることがうまくできなくなったとき、それらの機能に関して、頭からつま先までの神経細胞のどこに問題が起こったのかを診断し、内科的治療を行います。

問診(医療面接)、診察、検査、治療(投薬や手術)といった4つの要素から診療は成り立っていますが、他科と大きく異なるのは神経診察を行うということです。例えば頭痛の場合、眼の診察から始まり両手両足まで全身を診察することで、脳に問題があるかどうか、あるとすれば脳のどこに問題があるかがわかります。

脳神経内科でよくみられる症状としては、頭痛やめまい、しゃべりにくい、ものが二重に見える、もの忘れ、意識の障害、言語や認知力の障害があります。運動の障害には、手足の麻痺(マヒ)、筋肉の力の低下とそれによる起立や歩行の障害、痛みやしびれといった感覚の障害などがあります。自律神経の異常として排尿や排便、発汗や血圧調節の障害などもあります。

これらの症状の中には、ときに早急に治療が必要な病気が隠れていることがあります。扱う病気としては、脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)、認知症、てんかん、パーキンソン病などがあり、筋萎縮性側索硬化症(ALS)・多発性硬化症・重症筋無力症といった神経免疫疾患にも対応します。

また、全身を診るため、脳神経内科以外の病気であっても適切な検査や専門的な医療機関に繋いでいけることも特徴です。何科を受診してよいのかわからない、他の診療科では原因がわからないといった場合なども、ぜひご相談ください。

こんな症状はありませんか?

脳の病気は早期発見、早期治療が重要です。下記のような症状がある場合は、お早めにご相談ください。

  • けいれんして、意識がなくなる
  • めまいがする
  • しつこい頭痛がある
  • 片方の手足や顔がつっぱる
  • もの忘れがひどい
  • ろれつがまわらない、言葉がしゃべりにくい
  • 視野の右側や左側が見にくくなった(暗くなった)
  • ものが二重に見える
  • 手足に力が入りにくい
  • 手足がふるえる
  • 手足や体が勝手に動く
  • 手足がしびれる
  • 手足の感覚が鈍い
  • 歩きづらい
  • ふらつく
  • 顔のぴくつきや足がむずむずする
  • 筋肉がやせてきた
  • 耳鳴りがする
  • こむら返りを起こしやすい

脳神経内科が扱う疾患

  • 脳卒中(脳血管障害):脳梗塞、一過性脳虚血発作脳出血、くも膜下出血、脳出血 など
  • 認知症:アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、脳血管性認知症、前頭側頭葉型認知症、嗜銀顆粒性認知症 など
  • 神経変性疾患:パーキンソン病、進行性核上性麻痺、多系統萎縮症、大脳皮質基底核変性症、脊髄小脳変性症、痙性対麻痺、筋萎縮性側索硬化症、および上記アルツハイマー型認知症 など
  • 自己免疫疾患:多発性硬化症、視神経脊髄炎、重症筋無力症、ギランバレー症候群、フィッシャー症候群、慢性炎症性多発神経炎、多巣性運動ニューロパチー など
  • 頭痛:片頭痛、緊急型頭痛、群発頭痛などの一次性頭痛、原因疾患のある二次性頭痛
  • てんかん
  • 神経感染症:髄膜炎、脳炎 など
  • 脊髄・脊椎の疾患:脊髄炎、脊髄空洞症、頚椎症・腰椎症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊髄梗塞 など
  • 末梢神経疾患:炎症性ニューロパチー、免疫介在性ニューロパチー、中毒性ニューロパチー、絞扼性ニューロパチー、内科疾患に伴うニューロパチー、遺伝性ニューロパチー など
  • 筋疾患:炎症性筋炎、筋ジストロフィー、遠位型ミオパチー、先天性ミオパチー、ミトコンドリア病、周期性四肢麻痺 など
  • 神経筋接合部疾患:重症筋無力症、Lambert-Eaton症候群
  • めまい
  • 失神:血管迷走神経性失神、起立性低血圧による失神 など
  • 睡眠異常:REM睡眠行動異常症、むずむず足症候群 など
  • 不随意運動:振戦、舞踏運動、ミオクローヌス、アテトーゼ、ジストニー、口舌ジスキネジア、顔面痙攣、バリスム、羽ばたき振戦 など
  • そのほか各種神経難病